Story,

「私ってなんでこんなに幸せなんだと思う?」
喫茶店、午後三時。
カフェラテを片手に、生クリームのたっぷり乗ったショートケーキを頬張りながら、彼女は真面目な顔をして訊いた。


「僕と一緒にいるから、それから君の大好きなチョコレートがあるから」

ちょっとすべったかな、と心配していると
正解、と彼女は言った。


そのあとフォークを置いて、でもね、と続けた。



「私はあなたと過ごすようになって毎日幸せすぎるくらい幸せなの。
それに大好きなチョコレートも食べられるし、哲学の勉強だってできて幸せよ。
だけどね、思ったの。
不幸だと思えば不幸なことは世の中にたくさんあって、
私には、自分を不幸だと感じる能力が欠けているんじゃないかって。
だって私、探したって不幸なことなんてひとつもないんだもの。」



てっぺんのイチゴを二本の指でつまみながら、彼女は大真面目な顔で言った。


きっとこの世の中、自分を不幸だって感じられない人が幸せ者なのよ、幸せはきっと愛でもお金でもないの。

そういって口の中に放り込まれたイチゴは、
薄い唇に微かな生クリームを残して、消えていった。


  
border

"harmonious"

  • Size:
  • Material:
  • メノウのコースター 4枚組み
  • ¥15600-
  • 送料込み

”なにもかも違うのに、
調和がとれたものってあるよね、
まるで運命みたいに”



割れたガラスを永遠に閉じ込めたような、
手に届くようで届かない美しさを食卓に。

    
BACK//////
Terms of Service
Privacy Policy
特定商取引法に基づく表記
返品について